「電話代行」とは、顧客に代わって電話対応を行ってくれる代行業務のことです。
商談中のときや事務所を不在にするとき、顧客は事務所にかかってきた電話を取ることができません。

リクナビNEXT JOURNAL情報をお探しですか。

そこで、顧客の電話番号にかかった電話を電話代行業者に転送し、代行業者が顧客に代わってその電話対応をするサービスです。代行業者が電話を受けると、顧客に代わり相手の名前や連絡先を聞き取り、顧客にメールなどで連絡をします。


これにより、顧客は事務所に電話をかけてきた相手に折り返しの連絡を入れることができます。

このような性質上、電話代行サービスは、事務所に代わりに電話を受ける人間がいない個人事業主や1人会社に重宝されています。


弁護士は1人で開業しているケースが多く、とくに最近は弁護士の数が増えているので、従業員を雇わずに営業しているケースが増加しています。



弁護士は、依頼者との面談中、裁判所への出席中など、電話を取ることができないことが多く、その際に新規依頼者や急な連絡を受けられないとなると、事務所の信頼の失墜につながります。
また、弁護士は裁判所に提出する書類などを数時間かけて作成することもあり、電話に煩わされず集中して業務にあたる必要もあります。



そこで、弁護士の間で電話代行が利用されるケースが増えています。

法律事務所の業務は専門性が高いため、専門用語を理解でき、聞き取りのポイントも熟知した、法律事務所専門の電話代行サービスを提供している会社もあります。